2019年03月25日

2018年度 リーダーからのごあいさつ

こんにちは、2018年度ひまわりチームのリーダーになった冨士原健斗(工学部新二回生)です。今年度から、思い切ってチームとしてのブログを立ち上げることにしました。そのごあいさつを兼ねて、簡単にチームの紹介をさせていただきます。

日本の「識字率」はいくらかご存知ですか。日本では、読み書きがふつうにできる人の割合は99.9%といわれています。義務教育で日本語の勉強をしますから、日本では読み書きができるのは当たり前と言えるかもしれません。ですが実際には、戦争のために学校に行けなかった、在日外国人として日本で学ぶ機会がないまま生活しているといったように、日本にも様々な理由から文字の読み書きが不自由な方が暮らしています。
神戸市長田区の公民館には、そういった方々に読み書きを教える『ひまわりの会』という団体があります。私たちひまわりチームはこの「識字教室」に参加し、毎週土曜日の朝10時から12時まで、学生として社会人スタッフの活動をお手伝いしています。

普段の活動では、身近な話題や時期に合ったテーマをとりあげ、学生やスタッフが持ち回りで授業をしています。ひまわりの会は20年も続く団体ですが、一方的に知識を押し付けるのではなく、参加者のみなさんと一緒に勉強することが長らく大切にされてきました。支援をする僕たちを含め、この会にはいろんな背景や興味をもつ人たちが集まっています。だからこそ、たくさんの知らなかったことに気づき、新鮮な気持ちで一緒に学べます。僕自身、それが活動の大きな魅力になっています。

今年の目標は、活動をもっと楽しく、永く続けられるような土台作りをすることです。
チーム自体ができたのは2008年のこと。すでに、チームは会とともに長い時間を歩んできました。そんな中、社会人スタッフの方々はだんだんお年を召されてきています。今後はますます、学生の担う役割が大きくなっていくかもしれません。それはやりがいを感じられることでもありますが、大変なことでもあります。活動を続けるために大切なことを、気負わず楽しくやれるようにすること。難しいかもしれませんが、しっかり意識していきたいです。

もし活動に関して興味や質問があれば、メールで連絡をくださるとうれしいです!
メールアドレスは hamachi300@gmai.com です。

ちなみに、今年はこのブログのほかにTwitterアカウントも立ち上げています!簡単に使えますし、見てもらいやすいので、ブログの更新をお知らせするために利用していくつもりです。
Twitterはこちらです。チェックしていただけると幸いです!
posted by ひまわりチーム at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

12月8日活動報告

だんだんと新しい年が近づいてきましたね。2019年といえば祝日の関係で驚きの10連休ができることが話題になりましたが、神戸大学の学務部からは祝日に関する通達が発表され、残念ながら祝日による休みが少な目になることがわかってしまいました。今年の年末も大晦日直前まで授業があるようですし、授業日数を確保する、という点では大学側も大変なのでしょうね。

さて、12月8日の授業も年末にちなみ、「お正月」について親和女子大さんがお話をしました。まずは各地のお正月についての紹介がありました。北海道の騎馬参拝、秋田県のなまはげ、長野県の鳥追い祭りなど、各地に伝統的な催しがあります。無病息災や家内安全を願うところが多いようですが、由来や歴史は様々ですね。また、正月料理も地域差があります。お雑煮1つとっても、お餅が四角かったり丸かったり焼いたり焼かなかったりとさまざまです。学習者さんからも、自分はいつもこうしていたという話を聞けましたが、このような違いができるのは不思議です。海外の文化についても紹介があり、学習者さんからも驚きの声があがっていました。

その後は「迎」「春」という2つの漢字について、書き順や熟語もみながら練習したあと、少し早いですが年賀状を書くことになりました。実際にはがきと筆ペンを用意してあり、書いたらそのまま出せてしまう準備のよさです。みなさん家族にあてたり、自分のしたいことを書いてみたり、となりの学生にあてて書いてみたりと積極的に書いてくださいました。親和女子大の先生によると、10年ほど前に年賀状を書くということをやってみたときには学習者さんも苦戦していたそうで、長く学習されているからこそできることだとおっしゃっていました。一見当たり前のようですが、小さなはがきに字を書いたり、はがきを出したりといったことは確かに不慣れな方には難しいこと。私も胸に留めておきたいと思いました。

最後には「お正月」の歌を歌って、授業は終わりになりました。
今回はお正月について扱いましたが、来週は一足早くクリスマス会をします!一回生に準備を進めてもらっているので、どうなるか楽しみです。
posted by ひまわりチーム at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

11月24日活動報告

こんにちは。先日11月24日の活動について、やはり報告をしたいと思ったので記事を更新します。

先日11月24日は通常の授業ではなく、スタッフの方が関わっている「夜間中学校を広げようin姫路」に参加してきました。このイベントには、学習者さんからも体験発表で登壇される方がいたこともあり、前前から参加する方向で調整していました。

スタッフさんや学習者さんとところどころで合流し、電車で姫路まで向かいました。会場は姫路市市民会館で、私たち以外にも様々な夜間中学校、識字学級の関係者の方、一般の方が来られていました。

内容としては、実行委員の方からのあいさつ、夜間中学校に関する現状の紹介、体験発表、前川喜平さんの講演がありました。
ここで聞いたお話では、不登校になってしまったり、海外から移り住んできたために学校に行く余裕がなかったりといった事情から需要があり、やはりより多くの場所に夜間中学校が必要ということでした。夜間中学校はそもそも数が少ない上、場所もまばらです。体験発表では姫路からなんとか別の場所の学校まで通っていたという方もいました。

前川喜平さんは元文部科学省事務次官で、夜間中学をめぐる法整備に関するお話などをしてくださいました。近年、文部科学省や国会でも夜間中学校の拡充に関する意識は高まっているらしく、例えば「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」が制定されました。ここでは、国や各地方公共団体が、夜間中学を含め教育の機会を確保する取り組みを行うように定められています。ただ、具体的な内容がなかったために自治体によって温度差はあり、調査に問題がありそうなところもあるとのことでした。

posted by ひまわりチーム at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする