2019年03月25日

2018年度 リーダーからのごあいさつ

こんにちは、2018年度ひまわりチームのリーダーになった冨士原健斗(工学部新二回生)です。今年度から、思い切ってチームとしてのブログを立ち上げることにしました。そのごあいさつを兼ねて、簡単にチームの紹介をさせていただきます。

日本の「識字率」はいくらかご存知ですか。日本では、読み書きがふつうにできる人の割合は99.9%といわれています。義務教育で日本語の勉強をしますから、日本では読み書きができるのは当たり前と言えるかもしれません。ですが実際には、戦争のために学校に行けなかった、在日外国人として日本で学ぶ機会がないまま生活しているといったように、日本にも様々な理由から文字の読み書きが不自由な方が暮らしています。
神戸市長田区の公民館には、そういった方々に読み書きを教える『ひまわりの会』という団体があります。私たちひまわりチームはこの「識字教室」に参加し、毎週土曜日の朝10時から12時まで、学生として社会人スタッフの活動をお手伝いしています。

普段の活動では、身近な話題や時期に合ったテーマをとりあげ、学生やスタッフが持ち回りで授業をしています。ひまわりの会は20年も続く団体ですが、一方的に知識を押し付けるのではなく、参加者のみなさんと一緒に勉強することが長らく大切にされてきました。支援をする僕たちを含め、この会にはいろんな背景や興味をもつ人たちが集まっています。だからこそ、たくさんの知らなかったことに気づき、新鮮な気持ちで一緒に学べます。僕自身、それが活動の大きな魅力になっています。

今年の目標は、活動をもっと楽しく、永く続けられるような土台作りをすることです。
チーム自体ができたのは2008年のこと。すでに、チームは会とともに長い時間を歩んできました。そんな中、社会人スタッフの方々はだんだんお年を召されてきています。今後はますます、学生の担う役割が大きくなっていくかもしれません。それはやりがいを感じられることでもありますが、大変なことでもあります。活動を続けるために大切なことを、気負わず楽しくやれるようにすること。難しいかもしれませんが、しっかり意識していきたいです。

もし活動に関して興味や質問があれば、メールで連絡をくださるとうれしいです!
メールアドレスは hamachi300@gmai.com です。

ちなみに、今年はこのブログのほかにTwitterアカウントも立ち上げています!簡単に使えますし、見てもらいやすいので、ブログの更新をお知らせするために利用していくつもりです。
Twitterはこちらです。チェックしていただけると幸いです!
posted by ひまわりチーム at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

7月14日活動報告

11回目の活動報告です。前回お伝えしたとおり、二回分あいてしまっていますがご容赦ください。

今回は私が担当で、この授業の一週間前に発生した西日本豪雨を題材にしました。簡単ではありましたが、水に関係した漢字をいろいろと紹介したほか、豪雨ということで避難指示に関することや土砂崩れについても扱いました。黒板の使い方がよくないとよくお叱りを受けるのですが、今回はいろいろと意識しながら授業を進めることができ、うまくいったのではないかと思います。

いつもなら授業が終わる前に作文をするところですが、今回は7月7日の授業が大雨で中止になってしまったということで、そのときやるはずだった、七夕のお願い事をみなさんに書いてもらいました。さすがに笹などは用意できなかったのですが、スタッフの方が機転をきかせてくれたおかげもあって、なんとなく楽しんでもらうことができました。健康を大切にしたい、もっと勉強したいといったお願い事が多かったですね。

ひまわりの会は、現在夏休み期間に入っています。8月25日から活動を再開しますので、またブログを更新していきますね~。
posted by ひまわりチーム at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

6月23日活動報告

一か月もの間更新を怠ってしまい、申し訳ありません。10回目の活動報告です。

今回の授業を担当したのは神戸大学の学生でした。この授業があった一週間前に大阪北部地震が発生しましたが、それを受けて今回は「慶長伏見地震」をテーマにしました。慶長伏見地震は、1596年9月5日に起きた大地震です。その名の通り、現在の京都・伏見の地域に大きな被害をもたらしました。いつも通り漢字の紹介などもしながら、この地震にまつわる人物やお城についてのお話をしていきました。

この地震をめぐっては、たとえばこんな逸話があります。豊臣秀吉によって当時作られていた(指月)伏見城は、この地震で天守が倒壊するという被害を受けました。伏見城は秀吉の隠居後の住まいとして作られたため、地震が起きた時も秀吉は城内にいました。このとき、謹慎中だった加藤清正は真夜中にも関わらずまっさきに伏見城まで駆け付け、秀吉を救助したのだそうです。この功績で、加藤清正は謹慎を解かれました。
とはいえ、実を言うとこのお話は後世の創作のようなのですが。

作文のテーマは「地震について」で、みなさん地震が起きたときのことについてたくさんお話をしてくださいました。阪神・淡路大震災を思い出したという方もおり、やはり学習者のみなさんにとっても衝撃的な出来事だったのだと思います。

さて、6/23以降の授業は6/30に親和女子大学さんの授業、7/7にスタッフさんの授業と続く予定になっていたのですが、6/30は神大の学生が誰も参加できず、7/7は大雨で集まるのが危険なため中止となってしまいました。なので、活動報告も7/14まで飛ぶことになります。また近いうちに更新できればと思います。
posted by ひまわりチーム at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする