2019年03月25日

2018年度 リーダーからのごあいさつ

こんにちは、2018年度ひまわりチームのリーダーになった冨士原健斗(工学部新二回生)です。今年度から、思い切ってチームとしてのブログを立ち上げることにしました。そのごあいさつを兼ねて、簡単にチームの紹介をさせていただきます。

日本の「識字率」はいくらかご存知ですか。日本では、読み書きがふつうにできる人の割合は99.9%といわれています。義務教育で日本語の勉強をしますから、日本では読み書きができるのは当たり前と言えるかもしれません。ですが実際には、戦争のために学校に行けなかった、在日外国人として日本で学ぶ機会がないまま生活しているといったように、日本にも様々な理由から文字の読み書きが不自由な方が暮らしています。
神戸市長田区の公民館には、そういった方々に読み書きを教える『ひまわりの会』という団体があります。私たちひまわりチームはこの「識字教室」に参加し、毎週土曜日の朝10時から12時まで、学生として社会人スタッフの活動をお手伝いしています。

普段の活動では、身近な話題や時期に合ったテーマをとりあげ、学生やスタッフが持ち回りで授業をしています。ひまわりの会は20年も続く団体ですが、一方的に知識を押し付けるのではなく、参加者のみなさんと一緒に勉強することが長らく大切にされてきました。支援をする僕たちを含め、この会にはいろんな背景や興味をもつ人たちが集まっています。だからこそ、たくさんの知らなかったことに気づき、新鮮な気持ちで一緒に学べます。僕自身、それが活動の大きな魅力になっています。

今年の目標は、活動をもっと楽しく、永く続けられるような土台作りをすることです。
チーム自体ができたのは2008年のこと。すでに、チームは会とともに長い時間を歩んできました。そんな中、社会人スタッフの方々はだんだんお年を召されてきています。今後はますます、学生の担う役割が大きくなっていくかもしれません。それはやりがいを感じられることでもありますが、大変なことでもあります。活動を続けるために大切なことを、気負わず楽しくやれるようにすること。難しいかもしれませんが、しっかり意識していきたいです。

もし活動に関して興味や質問があれば、メールで連絡をくださるとうれしいです!
メールアドレスは hamachi300@gmai.com です。

ちなみに、今年はこのブログのほかにTwitterアカウントも立ち上げています!簡単に使えますし、見てもらいやすいので、ブログの更新をお知らせするために利用していくつもりです。
Twitterはこちらです。チェックしていただけると幸いです!
posted by ひまわりチーム at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

4月14日活動報告

三回目の活動報告ですね。一週間あけて、4月14日のぶんになります。

この日の授業担当は、親和女子大学の方々でした。この日の授業の担当は、親和女子大学生の方々でした。親和女子大学さんからは、教育の道に進む方々がゼミの一環として会の活動に参加しています。ゼミで今の代の方々が参加するのは、あと1回ですね。

授業のテーマは「身近な文字」でした。まずは、日本語が漢字・ひらがな・カタカナと3つの文字を使い分ける言語であることを確認します。このように3つの文字を使う言語は、実は非常に珍しいそうです。また、さまざまな感情が喜怒哀楽の4つに分けられるということで、学習者のみなさんと気持ちに関する言葉を出し合いました。その中から、「笑顔」という言葉を取り上げ、「笑」「顔」という2つの文字を練習しました。「小さな世界」という歌を歌い、今回の感想を気持ちを表す言葉を使いながら書いてもらうという形で作文をしてもらいました。

今回は、ひまわりの会にとっても大きな出来事がありました。
新しい学習者さんが2人いらっしゃいました。私自身は、長く通われている方々が文字をしっかり書けている姿を目にしてきたので、これまで識字教室の類に来たことがなかったという方に出会ったのがとても衝撃的でした。今後も来られた際には、丁寧な対応を心掛けていきたいと思います。
また、今までよりも学生・スタッフ間の連携をうまくとるための連絡網も一気に整備されました。

さて、次回の活動は4/21(土)、私たちひまわりチームが授業をする日です!参加者全員が楽しめる授業にできるよう、頑張ります。
posted by ひまわりチーム at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

3月31日活動報告

二回目の活動報告ですね。3月31日のぶんです。

この日の授業の担当は、あるスタッフの方でした。この方は去年から会に関わってくださるようになったのですが、養護学校の先生をされていて、授業にも経験豊富です。担当を持ってくださったのは久々でした。

授業はまず、ゆる~い導入から始まりました。中国や韓国(朝鮮)のあいさつの仕方を紹介したり、素数のことを紹介したり。夜間中学校に通っていた学習者さんは数学も勉強しているとのことでしたが、これは知らない学習者さんも多かったです。素数は「自分自身と1以外では割ることができない数」ということで、結婚記念日や祝儀の金額としては縁起の良い数でもあるそうです。
それから今回の大きな題材として紹介してくださったのが、『ユンノリ』という遊びです。これは朝鮮半島に伝わる遊びで、日本でいうとすごろくに近いです。特徴的なのが、2チームでそれぞれ4つのコマを使って遊ぶということ。動かすコマは好きな順番で選ぶことができ、同じマスにとまっていると次にまとめて進めることができたり、相手チームのコマと同じマスにとまるとふりだしに戻すことができたりと、ただ運にまかせるのではなく考える要素があるのです。実際に遊んでみると、ルールが複雑なので、最初は戸惑っている方も多かったですが、かなり盛り上がっていましたね。
また、最後には『十九の春』という歌を歌いました。田端義夫さんが歌ったことで流行になった、沖縄音楽ですね。といっても、若い学生は知らない人が多かったです。学習者さんにとっては、聴き覚えのある名曲ということで、楽しまれている方が多いように思いました。スタッフさんが弾き語りをできるという、意外な一面も明らかに…!

今回はあまり漢字などの勉強を踏み込んで行うことはなかったのですが、学習者のみなさんが楽しそうにしていたのが印象的でした。むしろ、ゲームや歌といった文化に楽しく触れるというのは、これ自体1つの勉強なのかもしれません。スタッフさんの経験が光る授業でした。
なお、来週4/7(土)は、公民館の行事があるため活動がお休みとなっています。いちサークルとしては、新歓祭で出会えた新入生をすぐに誘えないので、複雑な気分ですね(-_-)
posted by ひまわりチーム at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする