2019年03月25日

2018年度 リーダーからのごあいさつ

こんにちは、2018年度ひまわりチームのリーダーになった冨士原健斗(工学部新二回生)です。今年度から、思い切ってチームとしてのブログを立ち上げることにしました。そのごあいさつを兼ねて、簡単にチームの紹介をさせていただきます。

日本の「識字率」はいくらかご存知ですか。日本では、読み書きがふつうにできる人の割合は99.9%といわれています。義務教育で日本語の勉強をしますから、日本では読み書きができるのは当たり前と言えるかもしれません。ですが実際には、戦争のために学校に行けなかった、在日外国人として日本で学ぶ機会がないまま生活しているといったように、日本にも様々な理由から文字の読み書きが不自由な方が暮らしています。
神戸市長田区の公民館には、そういった方々に読み書きを教える『ひまわりの会』という団体があります。私たちひまわりチームはこの「識字教室」に参加し、毎週土曜日の朝10時から12時まで、学生として社会人スタッフの活動をお手伝いしています。

普段の活動では、身近な話題や時期に合ったテーマをとりあげ、学生やスタッフが持ち回りで授業をしています。ひまわりの会は20年も続く団体ですが、一方的に知識を押し付けるのではなく、参加者のみなさんと一緒に勉強することが長らく大切にされてきました。支援をする僕たちを含め、この会にはいろんな背景や興味をもつ人たちが集まっています。だからこそ、たくさんの知らなかったことに気づき、新鮮な気持ちで一緒に学べます。僕自身、それが活動の大きな魅力になっています。

今年の目標は、活動をもっと楽しく、永く続けられるような土台作りをすることです。
チーム自体ができたのは2008年のこと。すでに、チームは会とともに長い時間を歩んできました。そんな中、社会人スタッフの方々はだんだんお年を召されてきています。今後はますます、学生の担う役割が大きくなっていくかもしれません。それはやりがいを感じられることでもありますが、大変なことでもあります。活動を続けるために大切なことを、気負わず楽しくやれるようにすること。難しいかもしれませんが、しっかり意識していきたいです。

もし活動に関して興味や質問があれば、メールで連絡をくださるとうれしいです!
メールアドレスは hamachi300@gmai.com です。

ちなみに、今年はこのブログのほかにTwitterアカウントも立ち上げています!簡単に使えますし、見てもらいやすいので、ブログの更新をお知らせするために利用していくつもりです。
Twitterはこちらです。チェックしていただけると幸いです!
posted by ひまわりチーム at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

6月9日活動報告

9回目の活動報告、6月9日のぶんになります。

今回の担当は神戸大学の学生でした。僕の先輩にあたる、会の運営にも関わっている方です。

今回のテーマは「朝食」です。あるアンケートによると、60代以上よりも若い世代のほうが朝食をとらない人が多いらしいです。実際聞いてみると、この日も食べてきていない学生が何人かいました。というのが導入で、まずは「朝」「食」の2つの漢字を練習し、この漢字をもとにできる他の漢字(潮、飲など)をみんなで挙げていくという形でいろんな漢字をみていきました。朝食をよく食べるという人の割合が〇〇%という話題にからめて、1割は10分の1、1分は100分の1と小さな数の言い方も紹介していました。

そのほか朝食の雑学を話し、作文は(朝食に限らず)「わたしの習慣」というテーマで書いてもらいました。今回はみなさん話が弾み、毎日散歩をしているという方もいれば、朝ごはんについて書いている方もいて、とても盛り上がりました。担当の方が言うには、最近は昔の話をすることが多かったので最近のことを聞いてみたかったとのことで、狙いが当たっていたようです。

さて、6月16日は公民館でバレーボール大会のためお休み!再来週の6月23日はまた神戸大学の担当です。また、ブログを更新しますね~。
posted by ひまわりチーム at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

6月2日活動報告

8回目の活動報告、6月2日のぶんになります。

今回の授業担当はスタッフの方でした。普段の授業とは違い、漢字や言葉を勉強していくのではなく映画を視聴しました。これは「海女のリャンさん」という作品で、その名の通り海女のリャンさんの半生を追ったドキュメンタリー映画です。

リャンさんは朝鮮半島南西の済州島出身で、若いころに日本に渡り、そのままずっと日本で暮らしてきました。過去にも、彼女を取り上げて作られた映像作品(未公開)があり、映画のはじめのほうはそのときのフィルムの映像も使いながら、実際に海女として仕事をしている姿や、当時は済州島出身の女性が多く海女として日本に出稼ぎに出てきていたという時代背景が紹介されていました。
本作が作られた2004年の時点で、リャンさんは80歳あまり。映画の後半では、そんなリャンさんの母親としての姿、家族との物語が描かれていきます。済州島を出るときには、娘を島に残していかなければなりませんでした。日本での暮らしは厳しく、朝鮮総連の活動で忙しい夫を支えながら子どもたちを育て上げましたが、北朝鮮への「帰国事業」で子どもたちは次々と北朝鮮に渡り、なかなか会うことができなくなり…。映画の最後にには、故郷や北朝鮮への旅、久々に会う子どもたちと過ごす様子を見ることができます。

今回は映画をしっかり見て時間がなくなったこともあり、作文に感想を書くのは難しいという方が多かったのですが、皆さん思うところはそれぞれにあるようでした。中には、家族が同じような生い立ちだという方もいました。スタッフや学生の中からも、在日朝鮮人の方の生きざまを詳しく見ることは初めてで、日本と朝鮮半島という土地の関係や時代背景を知ることができたという声が多く聞かれました。

さて、6月9日、次回の活動は神戸大学の学生が担当します。どんな授業になるか楽しみです。

posted by ひまわりチーム at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする